スターウォーズ episode1,2,3

 最近スターウォーズの最新作が公開され、かなり反響があるというニュースを見るうちに、なぜこんなにもスターウォーズが長きにわたって世界中で愛されているのか考えてみたくなりました。そしていつか時間があるときやってみたいなと思っていたスターウォーズシリーズを公開されたepisode4から、仕事が休みの日を一日中使って見直してみました。

スターウォーズファンの方からすれば、数えきれない程のヒット要素がこの映画には盛り込まれていると思いますが、僕みたいな、にわかファンにでも素晴らしい感動した点を四つほど挙げてみたいと思います。(もしかしたら、ファンの方からすれば上から目線が気に食わなかったり、情報が間違っているところもあるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。。)

 episode4から見始めてまず目に留まったのは、1970年代に撮影された映像としては素晴らしくよくできていると思えた点です。最近のSF映像にあるようなリアルなCGと比べると劣るまでも、この映像のリアルさというのはスターウォーズがヒットした背景には間違いなくあるのではないかと思います。

二つ目の理由として、スターウォーズには個人的意見なのですが、素晴らしい世界観があります。まだまだ謎の多い宇宙にほかの惑星に生物が住んでいる事を前提にして銀河の惑星たちが連合を作ったりしているのは大変面白いと思います。そして宇宙にでてくる惑星も砂漠が大部分を占めている惑星ジャグーや、沼地帯の多い惑星だったり、マグマが流れている火の惑星が出てきたりこんな惑星あるんじゃないかなーと想像からそのまま出てきたような世界です。その当時はアメリカがロシアに次いでではありますが、火星に人工探査機を送り込むことに成功し、火星の表面の映像を撮影することに成功しているそうです。こうした時代背景からもアメリカの人々の宇宙への好奇心というのもかなり高まっていた時代で、スターウォーズのような壮大な世界観で宇宙を描く映画はアメリカの人々の好奇心を大いにくすぐったのではないかと私は思えるのです。

三つ目の理由としてこの映画にはロマンがあります。ジョージルーカス監督はepisode6まで考えていて、そのアイデアが30年近くも続いている事だったり、初回のシリーズに出てきた主要キャラクターのハン・ソロ演じるハリソンフォードなどが最近のepisode7に約30年ぶりにでてくるのは昔からのスターウォーズファンには嬉しい配役なのでしょう。スターウォーズシリーズをその当時映画館で観たお父さんも、そのお父さんに連れられた子供も楽しめる時代を超えたおもしろさ、そのロマンがスターウォーズにはあると思います。

また最後にスターウォーズの人気を支える要素として、スターウォーズを知らないひとでも一度は聞いたことがある、そのテーマミュージックがあります。ダースベイダーの出演シーンでは欠かせないあのミュージックや、映画冒頭の宇宙を背景にした解説シーンに流れる壮大な音楽も、それらを作曲したのが、ヒット映画の音楽を作り続けてきたジョン・ウィリアムズという人物なのである。ジョーズや、ジュラシックパークホームアローンハリーポッターシリーズ、スターウォーズシリーズなどなどヒット作の背景にこのジョン・ウィリアムズありなのだ。スターウォーズシリーズの人気の理由に、このテーマミュージックが大きくかかわってきているとみて間違いないかもしれません。

これだけではないだろうが、スターウォーズの人気の秘密はスターウォーズ素人の僕が挙げてみたところこんなにも見つけられました。

ほんとはもっともっとあるのでしょうが、それは、スターウォーズを観た方々がぜひ見つけてほしいと思います。絶対に面白いなと思える要素があるはずです。

 

伝え方ですべてが決まる。

今回は仕事で役に立つ本をまた紹介したいと思います。「伝え方ですべてが決まる」桜井  

この本を読んでみようと思ったのは、仕事で自分の伝達の仕方が原因で同僚とお客さんに迷惑をかけてしまい、こうしたミスがまた起きないように少しでも自分の伝達能力を挙げていきたいと思ったからである。

伝達能力といったがつまりはコミュニケーション力がここでいいたいことで、この本を書いた桜井さんは、話し方研究所の所長という一風変わった肩書を持つ方である。しかし話し方というのは、同じ意味でもいかに分かりやすく伝えるかで、伝える量も全然違ってくると思う。

この本は主に会話、対話において、重要なことは聞き上手な人はとてもいいと書いてある。話し上手になりたければまず聞き上手になる事であるという事らしい。なぜなら、人は話を聞いてもらったという安心感から、目の前の人に心を開き話を聞くようなるということなのだ。この時にただ聞くのではなく、聞いてるときにちゃんと、目を見て聞いたり、相手の言ったことをちゃんと聞いているという事を示すためにオウム返しをして聞くなどのテクニックも教えている。僕自身も、仕事中にミスをしたときにもらうフィードバックや、あまり深く話していない上司からの頭ごなしのアドバイスよりも、仕事終わりにご飯でも食べながらリラックスしてこちらの愚痴を聞いてくれた後に発する同僚からのアドバイスの方が心に残ることがある。

だからこそ、僕もお客様の話はちゃんと聞き理解するようにまず努めないと、相互理解は難しいだろう。

またこの本には、相手が心を開き聞きやすくなるマジックフレーズなるものもあるといっている。そうしたテクニックも駆使するのも重要だと思うし真摯にお客さんと向き合う姿勢というのも必要なのだろう。この本で読んだことを糧に、お客さんと同僚とは誤解のないコミュニケーションをとっていきたいと思う。

「実践 七つの習慣」佐々木恒夫著 を読んで

今回は、ビジネスマンのための参考書みたいな本を紹介させて頂きたいと思います。

七つの習慣という本はもしかしたら聞いたことがある人もいるかもしれないけれど、世界で3千万部以上発行されている超がつくベストセラー作品の一つである。この七つの習慣は私が出会った本でとっても衝撃を受けた本である。七つの習慣を読むとまさにそうだなと思うことが山ほどあったのを覚えている。その頃は仕事はしておらず語学勉強のためにオーストラリアにいたころである。でも仕事はしていなくてもプライベートで実践できる内容も多く、社会で生きるための原理原則に従って生きると幸せな人生が送れるようになるという内容の本である。この本を読んで自分を客観的に見つめられるようになれると思えたし、でもこころの片隅では自分には実践できるかな、書いてあるのは理想的なことばかりだなと思えたりした。例えば自立なくして公的成功はあり得ないだとか、終わりを思い描くことから始める事の大切さだったり、なるほどなと思うことが詳しく説明されていた。そのころ読んだときは難解だったために、理解を深めようと繰り返し読みたいなと思ってなかなか手を付けられてはいなかった。

 仕事を始めてから6年くらいたった頃に、この七つの習慣の本をわかりやすく解説してくれて今の自分にしっくりくるような本に出合えた。この著者の佐々木さんは、奥さんがうつ病にかかってしまった時も、家族の世話を仕事をしながらしなくてはいけない時も、どうしたら仕事と家族の世話を両立できるかというときにこの本がすごく役に立ったと言っている。東レという大企業に勤めながらも、その会社で出世しながら家族の世話も手を抜かずにできたのか、その秘訣がこの七つの習慣にあるらしい。自分も家族を持つ身としてぜひ実践していきたい内容にあふれていた。

「sleepers」という映画を見て。

ブログでは初めての映画の紹介である。

映画はとりわけ好きなのだが、見終わったの余韻だけで満足できなくなってきたのが正直な最近の気持ちであり、そして、加えてある方の本に影響されて映画の感想などもブログを書こうと思ったからである。それは前回のブログでも紹介した、本山勝寛さん著作の独学術の本である。

そして、最近見た中でも印象に残り考えさせられた「sleepers」という映画について色々考えてみたい、と言ってもほぼ感想になるかもしれないけれど。

この映画は簡単に説明すると、1950年代頃のNYで、下町の様な移民が多く住んでいる地域でいつもつるんでいる仲良し四人組の男の子たちがいた。ある日、いつもいたずらばかりしている彼らは、ホットドッグ屋の屋台を店主がいない時を見計らって、動かして驚かせようしたところ、誤って階段から落とし人を病院送りにしてしまう。

その事件で少年たちは、少年院に送られてしまう。

彼らのような町の不良をいつも面倒見てくれていたその町の神父さんは彼らのためにいろいろ手を尽くしたのだが、結局そういう結果になってしまい、落ち込んでいる彼らに言葉をかける。いつも強いと思うな、心を失うなと。

しかし、少年院では看守達による少年たちへの虐待が日常茶飯事に行われていた。そうしたなかで、彼らは心を失いそうになる。彼らはここで起きたことを四人の秘密として一生口外しないようにする。

そして少年院から出た彼らは、成長し二人はギャングに、一人は検察官、一人は記者になりそれぞれの生活送っていた。

そんなときに当時の看守に出会ったギャングの二人は、怒りに身を任せ彼を殺してしまう。ギャングの二は人容疑者として引っ張られてしまったが、それをチャンスと見た残りの二人はほかの看守たちを昔少年院で行われていた虐待を暴き、復讐しようと試みる。結果としてギャングの二人は無罪になり、検察官、記者の二人は残りの看守に様々な方法で復讐を果たす。

この映画では彼らが少年院時代に受けた虐待が、それほどまでに心に傷を負い大人になってもそのことで彼らの心をむしばんでしまっているのがわかる。ここでは曲がりも何も人殺しをしてしまったギャングの二人を救うために昔お世話になった神父に法廷で、うそのアリバイを証言してもらうために残された二人は頼み込んでしまう。神父は何かあればいつでも頼ってきなさい、と少年院を出た彼らに伝えてはあったが、あまりの申し出の大きさに悩んでしまう。神父は最後には彼らのために嘘をつく。しかし私が思うのは神に仕える神父が聖書に手を置き、うそをつかないことを誓って証言する法廷でうその証言をして殺人の片棒を担ぐのはおかしいという事である。虐待されたことはどうしても許せないが人を殺してしまって無罪になっては何が正しいのかがわからなくなってしまう、二人は復讐を果たしたのだから、その分ちゃんと服役して罪を償うべきだったと思うしそして神父には個人仕事を貫いてほしいと思った。それが正直な感想であるが、より客観的な視点で見たときに、神父は少年院で起きたことが殺人よりも大きな罪であるという風に思い至ったのではないだろうか、だからこそ殺人を犯した彼らよりも殺された看守を罰すべきだと思ったのであろうとも思う。

神父はすぐに結論を出さず悩みに悩み法廷が始まっても悩み、何が正しいのか心が揺れたけれども自分だったらどうしていたのだろうかと思ったときに、うその証言はできないとおそらく頼まれた時点で言っていただろうと思うが、自信はない。実際にそんな衝撃的な過去を持つ人が周りにいるはずもないから。。でもこうした映画を通して自分だったらどうしただろうかと考えることができるのはすごく自分の考察力、客観的に見る力を養うと思う。

ブログを始めたいと思います。今後の自分が読んだ映画や本の整理のために。

ある本の影響を受けてブログを始めたいと思います。その本を今回は紹介していきたいと思います。

その本とは「最強の独学術」本山勝寛著 です。

こちらの本は今は学校、職場で言われたことをやっていればよかった時代は終わりを告げて、変化の多い時代になり従来のやり方ではついていけなくなってくる為に、

自己で学びの力をつけて時代に取り残されないようにしましょうという本だと、勝手に解釈しています。

この本は独学の段階には三段階あると言っています。

まず第一段階の‘‘独学1.0‘‘これは自分の目の前に立ちはだかる試験や受験、語学などを必ず突破する独学術を説いています。期間としては、その試験に費やす難易度にもよるかと思いますが、大体一週間から一年くらいとしています。独学の効率の良いやり方なども詳しく解説しています。

第二段階として‘‘独学2.0‘‘これは教養を楽しく学び深めていくための独学術について解説しています。これは、1年2年などではなく、5年10年先の未来について考察し行動を起こしていくことを説いています。例えば自分が見た映画や、本などについてアウトプットしていきながら、娯楽として終わってしまいそうなことをブログなどで感想や解説などを加えて、整理していきます。そうすることにより自分がなぜ面白いと思ったかなども考えられるようになり、またほかの人の意見などもコメント欄が見れることにより客観性がでて論理的思考が養われるという事です。

第三段階として、独学3.0。結論として人生の目標に向けて学んでいくことです。これは人生の目標をかなえるために独学を極めることをいっていると解釈しています。この資格や試験を突破するのも、長年にわたって教養を学び見聞を広めるのも、この人生の目標のために学んでいるのだという事です。人生の目標は生涯を通して成し遂げたいことを言っているために、つまりそれを達成するために学び続ける事、死ぬまで成し遂げられなければ生涯学び続けるという事になります。この章ではその道で一流になるためには一万時間必要だという事が言われています。ある科学者が色んな分野で一流と呼ばれる人が、その分野に費やした時間が平均で一万時間だという実験に基づいて語られていますが、一万時間とは一日三時間の勉強を続けても一年で約千時間です。つまり最低でもその勉強量のまま続けても十年はかかってしまいます。一流になるにはそれくらいの努力が必要という事になります。プロスポーツ選手も二十代の選手などは十代の頃から死ぬほど努力してその分野で結果を残しているという事なのでしょう。こうした努力はやろうと思ってやれることではないということで、本山さんの中で座右の書を持つことだったり、PDCAを人生の中で繰り返す中で人生の目標の実現性を高めると言っています。

ここまで僕の勝手な解釈で色々まとめてきましたが、ハーバード大学の授業などもインターネットで動画などで受けることもできる学ぶのに塾や予備校などに通う必要はないとも言っていると思います。